<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

豊田昇氏、インド視察

この年末年始に豊田昇氏は

インドへ行き、

観光地を回りながらインドの情勢と

卸市場の視察をされたようです。

 

インドといえば、

いまではIT大国となり

人口は世界2位の約12億6000万人

いずれは中国を抜いて人口世界一位になり、

GDPも数十年御には

世界第3位になると言われていますね。

いったいどんなところなのでしょうか?

 

豊田昇氏によると

まだまだ外資の参入が少ないようです。

そして、インドで生まれた

独特の独特の社会的身分制度である

カースト制度、

今では禁止されてはいるものの

まだその名残があるのか

貧富の差は激しいようです。

 

人口がどんどん増え、

若年層も多いことから

とても活気があり

購買意欲が高いと言われてますが

まだまだインフラも整っていなければ

発展途上で

さまざまな光と闇があるようですね。

 

また、豊田昇氏は

インド、ムンバイ市内にある、

卸市場を視察したようです。

 

f:id:Telecom:20170114163245j:plain

 

日本でも

インド製のストール、

お香、

エスニック雑貨、

天然石のアクセサリーなど

インド製品を輸入している人はいますが

卸市場には、

日曜雑貨、

貴金属類、

天然石、

ジュエリー、

衣料品など、

たくさん売られていたとのことです。

 

f:id:Telecom:20170114163255j:plain

 

最近は中国製だけでなく、

東南アジアで生産された商品も多く見かけますが 

made in indiaのアパレル商品も出てきましたね。

 

豊田昇氏がインドで見られた

アパレル商品は低価格で

かなり高品質のようです。

 

インド視察のお話しは、

また、2月に出版セミナーを開催される際に

詳しくお話しされるということで、

あまり詳しいことは明かされてませんが

インドにかなりの可能性とチャンスが

見えたとのことです。

 

近いうちに、インドからの仕入れルート

あるいはインドへの販路開拓を

実現してくれるかもしれませんね!?

 

また、以前からお話しされていた

欧州のAmazonへの販売

FBA納品は下準備が整ったそうで

もうテスト販売をされているそうです。

 

豊田昇氏の運営する

桜トレードでは、

今後もインターネットを活用し

物流を確率して

世界中から仕入れて

世界中に販売できる

ノウハウ、ルートを構築してくれることでしょう。