<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

豊田昇氏が教えるOEM制作Vol.1~OEM制作をスムーズに進める便利な用語~

 

豊田昇氏は以前から中国輸入、Amazon販売をするうえで

OEMの重要性を語っています。

 

しかし、OEM制作をするのに、

何かと時間が取られてしまったり、

イメージと違うものが送られてきた、

などトラブルの可能性もあります。

 

しかし、その分、OEMのメリットというのは、

たくさんあります。

たとえば、

ライバル不在で稼げるので価格競争のストレスがない、

一度ヒットすれば長期間売れ続ける、

高利益率で販売ができる

などなど

OEMは単純転売よりも圧倒的にメリットの方が多いです。

 

そこで、

OEM制作をするうえで、

これを知っておくと話がスムーズ

というものを豊田昇氏

幾つかご紹介いたします。

 

【用語】

  • 「定做」・「定制」

アリババやタオバオの商品で

商品説明あるいは、商品名に

「定做」「定制」=カスタマイズ可能

という文言が入っている商品は

OEMが可能な商品です。

 

 f:id:Telecom:20170520153624j:plain

 

f:id:Telecom:20170520153617j:plain

 

 

しかし、タオバオは小売りが多く

タオバオの店舗に問い合わせてみても

OEMはやっていない店舗もあります

 

そこで、アリババのサイトで商品名や商品説明に

「定做」「定制」の表記がある店舗に

問い合わせるとスムーズです。

 

 

次に、工場やメーカーとの取引、

卸売店や展示会などでの仕入や発注に使われる

専門用語です。

 

  • MOQ(エムオーキュー)=Minimum Order Quantity(ミニマムオーダークオンティティ)

これは、仕入OEM制作における最小ロット(発注数)

を指しています。

 

「MOQ 100」

というのは、その商品を発注するまたは制作してもらうのに

最低100個以上からとなります。

 

 

  • SPQ(エスピーキュー)=Standard Packing Quantity(スタンダードパッキングクォンティティ)

標準梱包単位=最小発注単位

を指しています。

 

「SPQ 100」

と言われたら、その商品は

100個単位(100個、200個、300個…)で受け付けます、

ということになります。

 

 

仕入れOEM制作の際、

「MOQ」や「SPQ」は

あらかじめ聞いておくといいです。

 

【色の指定】

  • カラーチャート

 

たとえば、「ピンク」といっても

紫っぽいピンクなのか、

サーモンピンクなのか、

コーラルピンクなのか

様々な色味があります。

 

例えば、私の知人は、

以前、OEM制作した商品を再度発注した際、

微妙に違う色が着て、売れなくなったと言っていたのを

いいたことがあります。

 

このようなトラブルを防ぐためにも、

微妙な色の違いを

なるべく客観的に製造元へ伝えるには、

カラーチャートの番号、

#FFFFFF,#000000

というように伝えると

トラブルも防げ、スムーズです。

 

f:id:Telecom:20170520153557j:plain

 

しかし、カラーチャートの乗っている色見本表は

「PANTONE」

「RAL」

「DIC」

など、一般的に普及している

色見本表が幾つかあるので

その店舗の色見本帳を確認する

と良いでしょう。

 

希望の色を正確に伝えるには

早くスムーズで自分も店舗側も分かりやすいです。

 

また、サンプル作成の時点でも

色や仕様はきちんと確認しましょう。

 

桜トレードさんではOEM制作のサポートをしています。

http://sakuratrade.jp/oem/

 

豊田昇氏の豊富なOEM制作の実績をもとに、

桜トレードさんの熟練したスタッフさんたちが

対応してくださいます。