<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

3/26(日)情報交換ランチミーティングレポート

3月26日(日)に銀座にて行われた

豊田昇氏が運営する桜トレードさん主催、

情報交換ランチミーティングのレポートです♪ 

 

この情報交換ランチミーティングでは、

豊田昇氏のご挨拶、

会員様、講師との交流、

会員様限定でアマゾンや中国輸入、物販の

最新情報やノウハウをお伝えする小講義をやっています。

 

今回の小講義のテーマは、

「カナダへの販売方法」

です。

 

カナダへの販売方法については

豊田昇氏の書籍にも解説があります。

 

Amazon中国輸出入で3倍稼ぐ! 

オリジナル商品を日・米・加で売る手法」

https://www.amazon.co.jp/dp/4863673132/

 

133ページの「北米統合アカウント」

のところも併せてご確認ください。

 

アマゾンは世界14か国で展開していますが

アメリカのアマゾンにProfessinal登録をすれば

アメリカだけでなく、カナダ、メキシコにも出品ができます。

 

メキシコは公用語スペイン語なのでスペイン語

商品ページを作成する必要がありますが

カナダは英語でOKです。

ただし、納品先のFBA倉庫はそれぞれの国になりますが

米国で出品している商品がもし売れているなら

納品先を変えるだけですね。

 

桜トレードさんでは、

中国からアメリカのアマゾンFBAへの直納だけでなく、

中国からカナダのアマゾンFBAへの直納もしています。

 

豊田昇氏はなぜこのように

日本だけでなく

世界のアマゾンへの販売を推奨しているのでしょうか?

 

以前、豊田昇氏は

「今後の物販はオリジナル商品を作り、縮小していく日本市場だけでなく、

海外へ複数の販路で売っていかなければ生き残れない」

というお話しをされていました。

 

それだけではありません。

もし今日本のアマゾンだけで売上が結構あったとしても

ある日突然アカウントが停止したり、

最悪そのアカウントが永久停止になってしまったら、

どうでしょうか?

今まであった日本のアマゾンでの売り上げ、収入がゼロになります。

 

日本のアマゾンで複数アカウントを運用するのは

ご存知の方も多いと思いますが

停止したアカウントと紐づかないように

あたらしいパソコンを用意したり、

登録情報もすべて変えて商品もかぶらないように新規登録し、

2つ目、3つ目のアカウントもそれぞれ登録情報をすべて変える…

それだけの情報を用意するのが大変です。

 

 

そこで、複数の国のアマゾンで販売していくことができれば

リスクヘッジにもなります。

また、様々な通貨で収入があれば

為替リスクも減りますね。

 

まずは、

アメリカアマゾンへ販売して慣れてから

カナダのアマゾンの流れを桜トレードさんは推奨しています。

 

中国輸入ビジネスのノウハウや情報で

日本国内への販売、

また、アメリカアマゾンでの販売というと

日本の商品を輸出する、

という情報はたくさんありますが、

中国からアメリカのアマゾンFBAへ直納して販売する

といった情報や

カナダのアマゾンへの販売方法の情報なんて

桜トレードさんくらいしかないと思います。

 

豊田昇氏は、

「どんなビジネスでも、人より一足早く取り組むことが

先手必勝で先行者利益を確保できる」

と仰られています。