<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

豊田昇氏が語る!OEMに成功する3つのこと

中国から輸入して、

アマゾンで単純転売するという方法に慣れてくること

相乗りでの出品、ライバルとの価格競争で悩んでいる方も多いのではありませんか?、

そこで、1商品で安定に稼いだり、売上そのものを安定させるということで

視野に入れたいのがOEM、オリジナル商品の制作です。


ほかの人は同じ商品を扱えないので、

相乗りや価格競争から抜け出し、

独占的に販売することができます。


しかし、OEMは難しいのでは?

ロットが多かったり費用が掛かるのでは?

と思うでしょう。

 

もちろん、制作に関するすべての指示や依頼を
代行業者を経由して、工場などとの交渉を

自分が行う必要があるため、
仕入れて売るの単純転売よりは
時間と労力はかかりますが

それ以上に

安定的に、独占して、長く、売れるという
メリットも多いです。


では、豊田昇氏が見てきた

そんなOEMに成功する人に共通していることとは?

 


①カンタンに考える

オリジナル商品を作る、というと
最初から商品の企画をして…

など難しく考えてしまう人も多いと思います。
しかし、ゼロから商品アイデアを起こしたものでなく、
すでに人気の商品を見て、アレンジする

また、今までのご自身の経験、好きなもの、環境などを参考に

商品のアレンジを加える

という方が多いです。
そうすることで、

既存の人気商品が改良され

さらに売れ行きも伸びていきます。

 

②サンプル制作・確認を行う

一つ一つの作業をこつこつこなす

マメな方が多いようです。


まず、必ずサンプル品を発注して
その仕上がりを確認をしながら

進めています。

また、こだわるほどに
品質も上がってきますので
実際にアマゾンで販売した際のレビューも
良くなります。

ここでその工場の対応や品質がわかります。
良くなければ別のところを探す、

良ければそのまま進めればいいですね。

 

サンプルを作ると割高にはなりますが、
それでも数百元前後あればできます。



またサンプル品を制作している過程で
中国の商慣習や工場の力も
分かってきます。

こうしてセラーとしての「経験」を高めて行きます。

 

③日本と同じレベルの対応を求めない

海外の工場は中国に限らず日本の工場と比べて
品質管理、進行、スケジュール管理など劣ってしまうところが
多いのは事です。


そこで、日本と同じレベルを要求する人は
辛くなってしまいます。

しかし、その反面、中国の工場は
日本で作るよりもかなり安く抑えられるというメリットがあります。

また、完璧なものを求めたり細かい仕様のもの
納期に余裕がない商品は
避けている人が多いようです。


豊田昇氏の運営する桜トレードさん弊社は

OEM制作をする方のサポートも充実していますよ。

http://sakuratrade.jp/oem/

 

f:id:Telecom:20170318165314j:plain