<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

豊田昇氏の桜トレード主催 中国卸市場買い付けツアー No.1

もうすぐ3月、

3月は桜トレードさんが主催の

「中国卸市場買い付けツアー」

があります。

 

プランは3つあります。

---------------------------------------------------------------------------------

A.広州&深センの4泊5日:日程 3月17日(金)から21日(火)

B.広州のみの3泊4日:日程 3月17日(金)から20日(月)

C.深センのみの3泊4日:日程 3月20日(日)から23日(木)

詳細⇒ http://sakuratrade.jp/tour/

お申込み⇒ http://ur2.link/BSlS

 ---------------------------------------------------------------------------------

 

 

買い付けに行く地域は、

深圳、広州です。

 

f:id:Telecom:20170225161220j:plain

 

中国はあらゆるところに卸市場があり、

中でも、浙江省にある義烏(イーウー)・福田市場が有名ですが、

買い付けのロットがかなり大きく、

品質も広州に比べると良くないことが多いです。

 

なので、転売で利益を出すのは結構難しいです。

しかし、広州では、低価格で良い品質の商品を

購入することができます。

 

広州にはどんなものがあるかというと、

服飾類の流通は世界一で

世界中からバイヤーが買い付けに来ます。

 

广州駅前のアパレル問屋街には、

服だけでも何百~何千もショップがあります。

その他にも、

靴、鞄、皮革製品、サバゲー、コスメ関連、エクステ、ウィッグ関連、

おもちゃ、雑貨、インテリア、電飾、日用品、乾物、

漢方薬、電気機器、事務用品、家具、寝具、自転車、骨董品など

あらゆるものの卸、市場があります。

 

もちろん、このほかにも様々なものが揃っています。

 

広州に卸問屋が市場がこれだけ集まり、大きくなっているのは

広州の周辺に製造業を基盤とする街が多くあり、

その多くが広州の卸売市場に集まるんです。

 

そして、世界中のバイヤーが買い付けに訪れ、

中国国内だけでなく、東南アジア、中東、欧米、アフリカまで

輸出されていきます。

 

実は、アリババやタオバオの店舗も

ここから仕入れているそうです。

 

 

そして、広州の卸売市場では、

良い商品を、アリババやタオバオよりも安く、

日本の流通価格の数分の1で

仕入れることができます。

 

桜トレードさんでは、

毎回広州の万菱という市場に行かれるそうです。

 

次に、深圳について。

深圳では、スマホタブレット、PC関連グッズや

電気製品などがそろっていて

たとえるなら、日本の秋葉原のような電気街です。

ここも、世界中からバイヤーが買い付けに来ています。

 

広州・深圳での現地仕入とインターネットでの仕入れを組み合わせることで

仕入れ、販売の可能性、

中国輸入ビジネスの可能性が広がるでしょう!

 

詳細⇒ http://sakuratrade.jp/tour/

お申込み⇒ http://ur2.link/BSlS

 

また、中国での仕入については、

豊田昇氏の書籍セミナー

でも詳しくお伝えします。