<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

豊田昇氏の『ゴールドラッシュ戦略』はなぜ成功者が続出なのか!?

豊田昇氏の『ゴールドラッシュ戦略』はなぜ成功者が続出なのか!?

 

まずは桜トレードの会員さんの素晴らしい実績をご覧ください。

 

f:id:Telecom:20161213121945j:plain

 

f:id:Telecom:20161213122000j:plain

 

f:id:Telecom:20161213122011j:plain

 

 

豊田昇氏の『ゴールドラッシュ戦略』では、

中国輸入→日本アマゾンでの販売

中国輸入→アメリカアマゾンへの輸出

を行っていますが、

メインはアマゾンアメリカへの輸出です。

 

アメリカは人口が日本の約3倍

アマゾンの市場規模でいえば日本の約10倍と言われています。

 

そして、日本のアマゾンでは

日本人の中国輸入セラーだけでなく

中国人セラーも多数参入してきて

価格崩壊が起きていますが

アメリカアマゾンは日本よりも高値で販売することができ

利益率も多く取れ、

売り上げにして現時点で

日本の1.5倍から2倍くらいは取れるそうです。

 

これだけ見ても、

中国輸入→アメリカアマゾン輸出、

魅力的ですね(´ω`)。

 

でも、

商品ページや問い合わせ対応はを英語、

アメリカで何が売れるかわからない、

法的なことも厳しそう、

関税のことなど

手間がかかり面倒なのでは?

 

中国からアメリカアマゾンFBAへ直送、

そんなことできるの?

と思うかもしれません。

 

しかし、豊田昇氏の運営する桜トレードでは

前回の記事で書いたように

米国での貿易ライセンスを取得し

中国からアメリカへのルートを確立しています。

 

中国のアリババやタオバオから買い付け、

日本人目線でのしっかりした検品・梱包

Invoiceの作成、

FBAバーコードの貼り付け、

アメリカへの発送

アメリカでの荷受けと関税の建て替え

アメリカアマゾンFBAの納品

まで、

日本を経由せずアメリカアマゾンFBAへ直送してくれます。。

 

そして、

日本のアマゾン以上に手間のかかる

商品登録代行

米国アマゾンカテゴリ―申請代行

米国アマゾンブランド登録支援

Amazon FBA出荷不可品米国内返送、検品サービス

 をすべて代行してくれます。

 

だから面倒な作業は全部丸投げ、

自分はリサーチや商品開発に集中できますし

これなら忙しいサラリーマン、主婦の方でも

限られた時間内でできますね。

 

あとは、やはりノウハウ

桜トレードのお客さんの7割はアマゾンも輸入もまったくの未経験

だそうです。

しかし、一人ひとりのレベル・状況にあった指導

動画を利用したわかりやすい教材

アマゾンの現役トップセラーの講師陣にリアルタイムに相談できる

ノウハウが豊富なのでトラブルや困りごとの解決策が得られる

など、

会員さんの感謝の声

を見ると、非常に満足度が高いですね。

 

コンサルティングのみ、輸入代行のみ、

それぞれ分かれているところがほとんどですが、

豊田昇氏の運営する桜トレードでは

現役トップセラーが運営する 

貿易 + 倉庫 + コンサル のオールインワンサポート

だからこそ成功者数が続出なんですね。

 

成功できる環境は整っているので

あとは自分が行動をするか、しないか、でしょう。

ゴールドラッシュワールドビジネスの3方よし、豊田昇がかける想いとは?

ゴールドラッシュワールドビジネスの海外転売について、

豊田昇氏のかける想いについて探ってみましょう!

 

豊田昇氏の信念、

『三方よし』の精神があります。

 

豊田昇氏のビジネスの根底は、

ここに尽きるといっても過言ではないでしょうか!

 

現在では、多数の成功へと導いている豊田昇氏ですが、

この3方よしは、アマゾンのお客様・会員様・豊田氏の

3方が良くならなければなりません。

 

ですので、講師陣は現在5名いるそうですが、

全員、3方よしの精神を重んじているそうです!

 

売り手よし、買い手よし、世間よし、

の精神ですね!

 

ゴールドラッシュワールドビジネスは、

現在までに、会員数は500名を超えたと報告があります。

 

中国からアメリカFBAへのルートを確立されたそうです。

通常では、そのようなルートを開発することは、

まず不可能です。

 

いわゆる、三国間貿易にあたいすると思われますので、

当然、米国での貿易ライセンスも必須になるはずです。

 

豊田昇氏が手掛ける代行会社では、

米国の貿易ライセンスも取得しているそうです。

 

なんと!

凄いことか!

 

それなら、米国アマゾンへのFBA直送納品も可能な訳です。

ここまで、新ルートの開発や、物流システムを構築した豊田氏は、

会員様への熱い想いが強く感じられました!

 

 

 

 

 

豊田昇氏の考える世界各国の卸市場とは?

豊田昇氏は、現在は香港を

拠点として活動をしており、

豊田昇氏が経営している会社は、

香港法人と複数経営しています。

 

豊田昇氏の海外転売の今後の販路は、

世界各国がマーケットに広がってくることを見越した、

香港移住という訳になります。

 

香港は、アジアのハブになりますので、

アジア各国の渡航は大変便利な訳です。

 

豊田昇氏は、現在まで多くの海外渡航経験があり、

物販がらみの、各国の市場めぐりにはかなり長けている訳です。

 

ミャンマーの市場・バンコクの市場・マレーシアの市場・

韓国の市場・中国の市場・台湾の市場など、

多くの経験から、物販業としての、

先見の目があるということです。

 

今後は、インド市場を切り開き、

物流ルートを確立するはずと思います。

 

現在はeコマースが右肩上がりですので、

マーケットは、世界各国にある訳で、

卸市場も世界各国にあり、

 

卸市場とマーケットをクロスボーダーで結ぶという

時代がそこに来ています。

 

今後も更に、

物流やルートを切り開いていってほしいものです。

 

今後も豊田昇氏の動向に目が離せませんね。

 

 

 

 

 

豊田昇氏と行く、ラグジュアリーな広州卸市場ツアー

中国輸入代行会社主催で、

豊田昇氏の引率で、

先日、8月4日から開催された、

広州ツアーは、大盛況で終了しました。

 

豊田昇氏と一緒に回る、

広州卸売り市場は迫力ありの、

感動ありの、楽しみもあり、

多くのお声をいただいています。

 

参加者の声として、

「宝の山を見て、テンション上がりました!」 

「病みつきになりそうです!」

「普段のリサーチでは出会えない商品がありました!」

「実体験はバーチャルに代えがたいです!」

「お宝の山がたくさんあるのを感じました!」

「セラーとして有益な経験値でした!」

 

と、まあ、、

まだまだ、

たくさんのお声をいただいております。

 

このツアーならではの、

唯一弊社でしかない、

『買い付けマスターノート一式』と

なるものがございます。

 

豊田昇氏が、何度も中国の市場へ渡航し、

失敗した経験から、

用意させていただいたものになります。

 

広州市場で4日間を、

有意義に回るための必須アイテムなのです!

 

やはり、現地に行く意味は、

現地の人の温度感、生活レベル、

販売に対する意欲や姿勢などが見えて

自分の視野が確実に広がることです!


また、食事は、

食は広州なりと云われる、

広東料理から始まり、

 

四川・海鮮・火鍋と、

大満足間違いないツアーとなっています。

 

また、定期的な開催があるそうなので、

確認してみてください。

 

豊田昇氏の上流仕入の広州卸市場の秘密

 豊田昇氏の物販の鍵!

豊田昇氏が自ら、行動を起こした、

広州卸市場の上流仕入の秘密について探ってみたいと思います。

 

豊田昇氏が広州卸市場に行き出したのは、

今から、約8年前です。

 

中国は、東のイーウー・西の広州と巨大卸市場があります。

先日のセミナーでの公演内容を、書きます。

..................................

はい、実際に中国の卸売市場ですが、

ここで、ちょっと質問させていただきます。

 

中国の卸売市場に行かれたことある方、

いらっしゃいます?

ちょっと、挙手をお願いします。

あ、大体、約15人…10名くらいですね。

今この人数の中で、

各都市に小さなものから、

そこそこの市場まで、点在しておりますけども、

一番に、

有名で大きな場所は、

義烏です。

イーウーっていうんですけども中国語で。

ここの場所ですね。

ここほんとに産業も何もないところで、

まだ十数年くらい前じゃないですかね、からかなりね、

卸売りの市場ってことでブースっていうか、

巨大な市場みたいな形のものをどんどんどんどん設立しまして、

十数年くらい前からねどんどん大きくなっております。

 

有名になって、

世界からのバイヤーなんかも買い付けには来ております。

 

ほんとにね、すごく狭いスペースで、

2畳、3畳くらいで、

各工場が自社の商品をいっぱい色々飾ってあって、

それで、その人と交渉して、欲しかったら交渉できます。

 

私もサラリーマンやりながら、

ここに密かに買い付けに行って、

仕入れたりとかしたんですけども、

この義烏ってすごく不良品が多かったですね。

今でもまだまだ多いと思います実際はね。


いわゆる日本でいう百均的な日用品が、

数多くあります。

ですので、ロットとしてはですね、
1回あたり少ないロットでも500は買わないと全然相手にしてくれないです。

そのような場所です。

注文は基本的には、

1000とか2000とかいうような単位。

 

で、検品してくれるかって、しないですよね、

検品とか。

 

ですから荷物届いたら、

私も全部ね、自分でね、1000とかね2000くらいね、

寝ずにね、検品した覚えが昔あります。

 

そしたらね、1割…? 15%くらい不良品です。

こんなの売れないっつって全部捨てて。

捨てるのにもお金かかりますよね、日本で捨てるのにね。

大変な思いとかしましたけれども。

でですね、あとはこの広州。

この広州にも私ずっと買い付け行ってましたけども、

ここすごくね、品質がいいです。

この辺の周りの地区、色んな都市がありますけど、

そこの工場がですね、けっこうねレベルが高いんですね。

義烏と違ってまた広州ってのは古くからの卸売りの市場というとこなので、

主に皮、靴とかね、バッグ、雑貨とかね、中には家具とかもありますし、

様々なものがね、ここにはあります。

 

 

豊田昇氏が運営する世界転売スクールへの感謝の声が止まらない理由

豊田昇氏が運営するスクール、

その名は、世界転売スクールです。

 

豊田昇氏が得意としている、

eコマースを利用した、中国から商品を仕入れて、

日本やアメリカのアマゾンで販売する手法になります。

 

スクール生や顧客からの声を一部、

抜粋します。

 

M.Sさん

お世話になっております。
パートナーミーティングが終えてから、米国アマゾンの売上が加速しております。ハロウィンすごいですね~!

あれから1000ドル以上売り上げています。 少なくともプラス20万近くになっていますね♪

この分だとすごいことになりそうですねー!それにしても10月5日まで買い付けができないそうで注文のものが止まっているのが残念です~

 

N.Hさん

スクールの内容のすばらしさ、丁寧さにくわえ、講師の先生方の本当に親身になってくださることには、感激しています。

ものすごい量のサポートをされているはずなのに、ものすごく早い、そしてつっこんだことまで答えてくださっているご回答を、本当にりがとうございます。

一人で2店舗の登録や店の運営ができるのかなど、不安もありますが、期待やわくわく感のほうが大きいです。今後の授業を待ちたいと思います。 大変お忙しいところありがとうございました。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。 取り急ぎお礼まで。

 

S.Tさん

お世話になっております。

先日、教えていただいた動画を何度も見て、自分なりに工夫もして、セッションを高めるようにやってみました。 3日後くらいから、関連づけされ3回目の新規商品が売れる様になりました。 ありがとうございます。

やっと、2,600ドルを超えましたので、30万は行きました。 継続的に販売出来るように、毎日チェックしていきます。

 

YK様

先日は、お世話になりました。アドバイスありがとうございます! さっそくやってみたところ、一瞬で消えました笑

返金等いくつか発生していますが、おかげ様で、Sells Summaryの30日累計が現在の為替113円で月商20万円を超えてきました。
30 Days $1,775.72 58個

仕事明けの明日から、スポンサードプロダクトと新規出品のキーワード選定に取り組み、さらなる売上増を目指します。

 

まだまだ、

300をも超える感謝の声が届いています。

 

豊田昇氏の海外転売スクールには、

協力な講師陣6名がおり、

皆、現役セラーなのです!

 

 

 

 

豊田昇氏がアメリカamazonブランド登録を推奨する訳は?

豊田昇氏が運営する、

桜トレードでは、中国仕入れ⇒Amazon米国 

の手法をとっています。

 

豊田昇氏は、セミナーなどで一般転売では、

現在では稼ぎずらくなっているのが現状であり、

今後、益々激化すると予しております。

 

豊田昇氏の継承する、

中国輸入⇒米国アマゾンFBA 販売は、

参入壁が高く、現在でも日本人がおこなっている方は、

桜トレードの会員さん以外は、いないのが現状です。

 

そこで、尚且つ

Amazonブランド登録をすれば、

より、商品ページを守ることが可能になる訳です。

 

多くの方は、

・値引き合戦に巻き込まれたくない・・・

・新規出品なのにカートがとられる・・・

・売上をもっと伸ばしたい・・・

・中国人セラーからの嫌がらせを止めたい・・

 

このような、思いや経験があるはずです。

上記を解消するのは、

豊田昇氏が推奨する、

「ブランド登録」です。

 

尚、

ブランド登録が完了すると、

セラーセントラルにて下記ができるようになります。

■登録したブランドの商品情報の編集権限の強化

■製品コード(UPC,JANなど)が無い商品を出品できる

このような、利点がありますので、

是非、実際おこなってみることを、

おすすめいたします。