<meta name="author"content="豊田昇" />
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豊田昇氏の最新情報発信局

豊田昇氏が発信する情報や海外転売の情報などをご紹介します

豊田昇氏が教えるOEM制作Vol.1~OEM制作をスムーズに進める便利な用語~

 

豊田昇氏は以前から中国輸入、Amazon販売をするうえで

OEMの重要性を語っています。

 

しかし、OEM制作をするのに、

何かと時間が取られてしまったり、

イメージと違うものが送られてきた、

などトラブルの可能性もあります。

 

しかし、その分、OEMのメリットというのは、

たくさんあります。

たとえば、

ライバル不在で稼げるので価格競争のストレスがない、

一度ヒットすれば長期間売れ続ける、

高利益率で販売ができる

などなど

OEMは単純転売よりも圧倒的にメリットの方が多いです。

 

そこで、

OEM制作をするうえで、

これを知っておくと話がスムーズ

というものを豊田昇氏

幾つかご紹介いたします。

 

【用語】

  • 「定做」・「定制」

アリババやタオバオの商品で

商品説明あるいは、商品名に

「定做」「定制」=カスタマイズ可能

という文言が入っている商品は

OEMが可能な商品です。

 

 f:id:Telecom:20170520153624j:plain

 

f:id:Telecom:20170520153617j:plain

 

 

しかし、タオバオは小売りが多く

タオバオの店舗に問い合わせてみても

OEMはやっていない店舗もあります

 

そこで、アリババのサイトで商品名や商品説明に

「定做」「定制」の表記がある店舗に

問い合わせるとスムーズです。

 

 

次に、工場やメーカーとの取引、

卸売店や展示会などでの仕入や発注に使われる

専門用語です。

 

  • MOQ(エムオーキュー)=Minimum Order Quantity(ミニマムオーダークオンティティ)

これは、仕入OEM制作における最小ロット(発注数)

を指しています。

 

「MOQ 100」

というのは、その商品を発注するまたは制作してもらうのに

最低100個以上からとなります。

 

 

  • SPQ(エスピーキュー)=Standard Packing Quantity(スタンダードパッキングクォンティティ)

標準梱包単位=最小発注単位

を指しています。

 

「SPQ 100」

と言われたら、その商品は

100個単位(100個、200個、300個…)で受け付けます、

ということになります。

 

 

仕入れOEM制作の際、

「MOQ」や「SPQ」は

あらかじめ聞いておくといいです。

 

【色の指定】

  • カラーチャート

 

たとえば、「ピンク」といっても

紫っぽいピンクなのか、

サーモンピンクなのか、

コーラルピンクなのか

様々な色味があります。

 

例えば、私の知人は、

以前、OEM制作した商品を再度発注した際、

微妙に違う色が着て、売れなくなったと言っていたのを

いいたことがあります。

 

このようなトラブルを防ぐためにも、

微妙な色の違いを

なるべく客観的に製造元へ伝えるには、

カラーチャートの番号、

#FFFFFF,#000000

というように伝えると

トラブルも防げ、スムーズです。

 

f:id:Telecom:20170520153557j:plain

 

しかし、カラーチャートの乗っている色見本表は

「PANTONE」

「RAL」

「DIC」

など、一般的に普及している

色見本表が幾つかあるので

その店舗の色見本帳を確認する

と良いでしょう。

 

希望の色を正確に伝えるには

早くスムーズで自分も店舗側も分かりやすいです。

 

また、サンプル作成の時点でも

色や仕様はきちんと確認しましょう。

 

桜トレードさんではOEM制作のサポートをしています。

http://sakuratrade.jp/oem/

 

豊田昇氏の豊富なOEM制作の実績をもとに、

桜トレードさんの熟練したスタッフさんたちが

対応してくださいます。

 

 

豊田昇氏の

「ゴールドラッシュ戦略」(中国輸入×日米加Amazon販売)

コンサルティングの6か月間のプランを受けてみました。

 

ゴールドラッシュ戦略(中国輸入×アマゾン) | タオバオ代行 アマゾン×中国輸入ビジネス 専門コンサルの桜トレード

f:id:Telecom:20170513145025j:plain

 

どんなものなのか、気になる方もたくさんいらっしゃると思います。

 

私が受けたコンサルティングプランでのお話しになりますが

ゴールドラッシュ戦略の内容は

 

①学習&コンサルティング

http://sakuratrade.jp/consul/

動画解説+担当講師によるチャット形式でのアドバイス

 

②輸入代行&独自販売ルートの利用

http://sakuratrade.jp/goldrush/

中国輸入代行+日本、アメリカ、カナダの

アマゾンFBA納品システムが利用できる(無期限)

 

OEM制作支援サービス

http://sakuratrade.jp/oem/

です。

 

①のコンサルティングですが、

基本動画でリサーチ、ノウハウ、買い付け、販売方法、OEMのことなどを

一通り学び、

不明な点はいつでもチャットでプランによってはSkype

担当の講師に相談できるというものです。

 

②の輸入代行&独自販売ルートというのは、

・中国での買い付け(買い付け手数料無料)→日本・アメリカ・カナダへの直売

・簡易検品

・梱包

・FBAのバーコードラベル貼り付け

・Invoice製作、アメリカ、カナダへの発送

・アメリカやカナダでの荷受け対応(関税の立て替え)

・FBA倉庫発送作業

までフルオートで、自分はわずらわしい作業を一切手をかけずに

対応してくれるというものです。

 

特に、このゴールドラッシュ戦略の会員になって米国で販売する強みというのは

返品商品の検品およびFBA倉庫への再出荷サービス

です。

 

他にも中国からアメリカのアマゾンFBAやほかの販路へ

納品、販売の支援をしてくれるところはあるかと思いますが、

 

これは、他の業者さんにも伺ったところ、

返品されたらそのまま破棄か、日本へ返送

とのことでしたので

桜トレードさん独自のサービスと思います。
・販売中の商品が出品停止となり、別商品として再納品したい
・再販売不可(Unfulfilable)となった商品を検品したい
・購入者からクレームがあり、米国内で検品したい

 

 

また、この①のコンサルティングサービス自体は

6か月間(期間はプランによります)なのですが、

アフターフォローといって、

かなりお得な価格で月単位でまたコンサルティングサービスを

受けることが可能です。

 

②の輸入代行&独自販売ルートは

無期限で利用が可能です。

 

私は、物販自体はほかの販路でやってはいたのですが

Amazonの販売に関しては、

未経験のところから始めました

 

コンサルティングの内容もボリュームがあり

6か月間ではすべて終えられなかったのと

OEMまでは取り掛かれていないので

今後も必要な時にアフターフォローを受けながら

継続していきます。

 

5月28日(日)開催情報交換ランチミーティング♪

隔月で豊田昇氏が運営する桜トレード主催

情報交換ランチミーティングが

5月28日(日)に大手町付近で行われます。

 

 

この情報交換ランチミーティングというのは、

桜トレードさんのコンサルティング会員、

また招待された方限定で、

豪華なランチを食べながら、

情報交換と

極秘の最新情報、

ノウハウ等を講義形式で

行われているものです。

 

物販ビジネスはどうしても

一人でパソコンに向かっていて

孤独になりがちです。

 

そんな時、一緒に同じ目標を持っている

仲間がいたらどうでしょうか?

情報交換ができたり、

励ましあえたり、

横のつながりはとても大事です。

 

 

今回の情報交換ランチミーティングの講義では、

「資金融資の方法と回転率を上げる」

についてのお話しです。 

 

また、融資については、 

豊田昇氏の著書でも書かれていますが、 

こんな方は↓、ぜひご参加することをおススメします。

・物販で操業するのに仕入資金がなく困っている、

・売れている商品があるのに在庫を補充する資金がなく、機会損失を起こしている、

・物販ビジネスをやるのにシステムを導入する資金がない、

・良い人材を確保したいが、資金がなく人を雇えない、

・もっと資金があればもっとたくさんの商品が回せるのに・・・、

・融資を受けたいが受けられるか不安、

・融資=借金というネガティブなイメージがある、

などなど…

 

現在、自己資金だけで物販業をやられていて

「資金があれば大きく成長できるのに」、

「資金があればもっと仕入たり効率化できたり、利益を増やせるのに」、

という方は参加することで

新しい可能性に気が付く、

視野が広がる、

資金調達をする方法がわかる、

資金調達をした後うまく回していく方法がわかる、

と参考になる部分はとても多いはずです。

 

もし、まだ

融資には興味がない、

自分にはまだ早い、

と思っている方も、

将来的に一つの方法として

知っておくことで

視野が広がると思いますよ。

 

 

自己資金が足りない人でも、

資金調達をすることで

うまく資金を回転させて

大きな利益を生み出せる仕組みを、

情報交換ランチミーティングで

詳しくお話されるそうです。

 

f:id:Telecom:20170508005356j:plain

 

------------------------------------

5月28日(日)開催

「情報交換ランチミーティング」

 

■日時

2017年5月28日(日)12:00-15:00

 

■場所

大手町周辺

 

お申込み・詳細はこちら

http://goo.gl/ZjgR5y

 

------------------------------------

 

キャッシュポイントを複数持つ事の大切さ

サラリーマン、OLの方も、

たくさんいらっしゃると思いますが、

今の時代、昇給も難しく、

残業代もなかなか稼げなかったり、

長年の不況で企業も厳しく、

副業を認めている会社もたくさんあります。

 

 

そこで、副業というと、

会社が終わった後にコンビニや新聞配達、

ナイトワーク、肉体労働などなど、

時給制=時間を切り売りする

アルバイトを考える方、

実際にしている方もいると思いますが、

それでは疲れてしまいますし、

稼げる額も目に見えてしまいますよね。

 

 

また、もし、現在会社員の方で収入源は給与のみ、

あるいは、自営業の方でも、

一つの事業に収入を依存している、

という収入源が一つしかない状態でしたら、

どうでしょうか?

 

 

様々な事情で会社を辞めなければならない、

今やっている事業がうまくいかなくなった、

不安で焦って何も考えられなくなりますし、

実際に収入が激減、

ゼロになったらそれは大変なことです。

 

 

そこで、豊田昇氏は著書でも、

自分で稼いでいく力を身に着けること、

特に、再現性が高く、

堅実な物販で稼いでいくことを推奨しています。

 

f:id:Telecom:20170430170823j:plain

 

今の時代はインターネットもあり、

様々なノウハウがあり、

物販ビジネスを始めやすい環境です。

 

 

豊田昇氏も、もともと、

サラリーマン時代から副業として、

物販をスタートされました。

 

 

今は、日本、香港、中国、アメリカと、

世界を拠点に会社を経営し、

物販や輸入代行、コンサルティング

をはじめ、様々な事業を展開されています。

 

 

もちろん、豊田昇氏も、

サラリーマン時代から現在に至るまで、

すべてが順風満帆にいったわけではありません。

 

 

体調を崩されたり、

リストラされたり、

うまくいかない事業があったり、

と、今までの過程で様々な困難もあったようです。

 

 

そんなときに助けられたのが、

中国輸入、海外販売だったそうです。

 

 

仮に、複数の収入源があったとすれば、

一つの収入源が閉ざされたとしても、

不安も減りますし、

何より、収入がゼロにならずに済みます。

落ち着いて対応できたり、

安心して新しいことにチャレンジできたりもするわけです。

 

 

豊田昇氏は、今までの体験から、

現在も新事業を立ていらっしゃいます。

そして、何よりパソコン一つあれば、

いつ、どこにいても自由に、

仕事ができるよう仕組化をされています。

 

f:id:Telecom:20170430170808j:plain

 

 

 

 

物販をやっている方に

豊田昇氏が推奨しているのは

OEM制作で、

1商品でも会社員の給料位は稼げるようになる、

ということです。

 

豊田昇氏は、

転売と国内での販売だけでは厳しい、

今後も物販で安定的に稼いでいくために

OEMと販路を増やすことだとおっしゃられています。

 

また、もしOEM制作をすれば、

日本だけでなく、アメリカやカナダ、

さらにはヨーロッパなど様々なところで販売が可能です。

 

アマゾン等で転売されている方ならわかると思いますが、

転売だと価格競争に巻き込まれて

利益率もどんどん低下していき、

疲弊してしまうでしょう。

 

OEM制作をして販売すると、

まさにブルーオーシャンです。

ライバルとの価格競争もなければ、

独占して安定した売上と利益が得られます。

 

しかし、一人で自力でやろうとしても難しいです。

 

もし、一人で進めたら

たくさんの労力と失敗を繰り返し

時間もかかります。

 

そこで、豊田昇氏の運営する

桜トレードさんのようなOEMの代行をしてくれる会社や

パートナーのサポートが必要です。

 

例えば、桜トレードさんでは、

卸問屋や工場だけでなく

さらに上流を開拓してきた実績がありますし

・中国の工場とのコンタクト、条件交渉、

・ブランドタグを付ける

・商品の撮影や画像加工

・検品

・アマゾンFBA倉庫への納品

まですべてやってくれます。

 

また、中国のイーウーや広州など

市場に行って制作するのが一番良いですが、

インターネットで完結することも可能です。

 

また、OEMというと

大企業がやるもの

ロット数が多い、

資金が必要、

と思うかもしれませんが、

そんなことはありません。

 

個人でもできますし、

5万円程度と小資金からでも可能です。

 

 

また、どんな商品を作ったらいいのか、

悩むところだと思います。

これには、二通りやり方があります。

 

1.アマゾンランキングに入っている商品

 

2.ニッチな商品

 

これらのものに、

ブランド名を付ける

仕様変更する、

デザインを変える、

などです。

 

桜トレードさんのコンサルティングや講義では、

豊田昇氏がたくさん実践してきて

失敗も成功の体験談もお話ししてくださっていますし、

OEMに関してはとても手厚いサポートをしれくれます。

 

桜トレード「OEM制作支援サービス」

http://sakuratrade.jp/oem/ 

f:id:Telecom:20170424014336j:plain

中国輸入 アマゾン 日本 で販売している方は必見‼国際送料が最安値

豊田昇氏が運営している

桜トレードさんでは、

今年の4月に入り、

新しいプランができたり、

新しいサービスが開始されたりと、

様々な動きがあります。

 

まず、桜トレードさんといえば、

会員制で

コンサルティングサービス、

②中国→日本・アメリカ・カナダのアマゾンへの

 販売・納品ルートが利用できる

というものでした。

 

4月からは、桜トレードさんの

会員になっていない方でも

中国→日本への

国際送料が業界最安値の破格プランで利用できる

プレミアムプランが始まりました。

 

中国→日本のアマゾン

で販売されている方は必見です!

 

では、プレミアムプランの特徴を見てみましょう!

 

f:id:Telecom:20170416170545j:plain

 

 

★誰でも利用できます

桜トレードさんのコンサルティングサービスは

完全会員制ですが、

こちらはどなたでも登録・ご利用が可能です。

 

★入会金無料・月会費のみ

入会金はかかりません、

毎月の月会費のみです。

 

★買付手数料が0%

通常、代行会社を利用すると、

買い付け手数料が3-10%程度発生しますが

なんと0%です!

FBAのラベル貼り、撮影、他サービスを

利用しない場合は、商品と送料以外は

何もかかりません。

No.1を宣言いたします。

 

★簡易検品と検品写真の送付サービス

買付した商品が桜トレードさんの中国倉庫にくと、

専門のスタッフが無料で検品を行ってくれます(簡易検品)。

検品が終わると、発送前の最終確認として、

お客様に商品の検品後の写真を送ってくれます。

出荷前なら、注文と異なるものが届いても、

交換・返品でができます!

 

★日本人スタッフが対応するので安心!

日中間の価値観や商慣習の違い、

正確さ、几帳面さなど日本人の強味を活かした

高品質の管理体制です。

買い付けの際のすべてのやり取りは

日本人のスタッフになるので安心ですね。

 

★買い付け額や輸送量が多いほどトクです

プレミアムプランでは、

月額定額料金制で、

買い付け手数料が無料‼

業界最安値の国際配送料‼

で買い付け量と輸送量が多い方ほど

オトクです。

 

OEMの依頼もOK

桜トレードさんの強味といえば

豊富な経験、実績によるOEM

こちらも相談、ご依頼が可能です。

 

プレミアムプランについて、

↓↓↓詳しくはこちらから↓↓↓

http://sakuratrade.jp/premium/

 

また、このほかにも、桜トレードさんでは

新しいサービスをどんどん企画していらっしゃるようです。

 

先日、豊田昇氏は、

桜トレードさんの会員様で

世界を相手に取引している方たちに向けて

世界中の受取口座の開設と

売上金とれるサービスを行っている

World First社を訪問されたそうです。

 

今後、アメリカ以外へ販路を広げると

世界の通貨を受け取れる口座が必要になるので

こちらも楽しみですね。 

豊田昇氏は「三方よし」をモットー

様々なビジネスやサービスを展開されています。

 

この4月からも新しく、

桜トレードさんの会員様向けで

サービスを始められたそうです。

 

先週ですが、豊田昇氏は

前回の日本出張の際に

定期開催されている

桜トレードさんが主催の情報交換ランチミーティングのほかにも

熱海でのセミナー合宿を行われたようです。

 

f:id:Telecom:20170410013910j:plain

 

 

その内容とは、

オリジナル商品の制作、

商標の登録に商店をあてた

学習と実践です。

 

2日間で合計10時間かけて行われたようです。

かなり濃い内容だったのでは?と思います。

 

書籍でも、いろいろなところでも

豊田昇氏がおっしゃられているのは、

サラリーマンの副業としてまずは物販から始めて

起業家へ、法人を設立して

そして経営者へ、という流れです。

 

某一部上場企業の海外支社長を務められたこともあり

経営者として経験・実績が豊富な

豊田昇氏にしか話せない内容ですね!

 

 

そして、日々豊田昇氏の活動を

見ていて思うことは、

豊田昇氏ご自身が中国の深圳や広州にちょくちょく出向き、

オリジナル商品を作って販売するという、

つまり、代行会社やコンサルティング会社の経営をしながら

ご自身で物販を現役で実践されていることです。

 

そして、アイデアを活かし

商品を開発して、その商品は

アマゾンでベストセラーにもなっているようです。

 

物販から始めて、情報発信している方、

代行業を営無用になった方で

もちろん現役で物販をやられている方もいますが、

情報発信や代行業に専念されていて、

物販はやめられている

という方もいらっしゃいます。

 

豊田昇氏は、ご自身が日ごろ経験したこと、

良いことも悪いことも、

すべて桜トレードの会員さんであったり

書籍を読まれた方にお伝えしているのです。

 

 

その背景には、

近年、不況で多くの人が不安を抱える中

一人でも多くの人に稼げるようになってほしいという

豊田昇氏の思いがあります。

 

豊田昇氏は、こうおっしゃられています。

「今後は、自分で稼ぐという収入の柱を持つこと。

一人ひとりが創造性を活かして、

稼ぐ能力を身に着けることが必要」

 

 

豊田昇氏はそんな人たちに、

最高の環境とアシストができるようにすること、

そして、

今後は、経営者を育てていくことに

注力していきたいそうです。